HOME > リハビリ型デイサービスの開業資金や費用について

リハビリ型デイサービスの開業資金や費用について

リハビリ型デイサービスの開業に際しては、法人設立費、物件取得費、内外装工事費、設備・備品費、リハビリ機器費、送迎用車両費、レセプトシステム導入費、求人広告費、HP作成費等が必要になります。

以下に、一般的な相場を示します。

法人設立費30万円~
物件取得費150万円~※30坪、駐車場(2台)付で想定、保証金含む
内外装工事費600万円~※設計・デザイン費含む
設備・備品費150万円~※大型液晶TV、DVDプレーヤー、営業備品等含む
リハビリ機器費0円~※リハビリプログラムの内容によって黒字化が困難な場合も多いため、 実際に黒字経営を続けている事業者の助言を受けて検討することをお勧めします。
車両費160万円~※中古車ワンボックス80万円/台を想定
レセプトシステム導入費60万円~※一般的なクラウドシステムを想定
求人広告費30万円~※看護師、生活相談員、介護職員、管理者の募集を想定
HP作成費60万円~※一般的なHP制作会社を想定
合計1240万円

実際の起業の際には、上記に加えて、当面の運転資金が必要です。
一般的に、10坪程度のカフェの開業で300~1000万円程度の開業資金が必要と言われていますから、30坪の店舗を使った事業の起業としては、むしろ安価な相場と言えるかもしれません。

日本のトップコンサルタントが推薦する新規事業とは? 年商8000万円&3000万円の利益が残る! そんな理想的なビジネスの
無料&必読 なぜ、山下哲司はここまで“リハビリ型デイサービス”にこだわるのか? サービスのビジネスとしての優位性 サービスの社会貢献としての優位性を一冊の小冊子にまとめました
次世代経営者のCEOスタイルマガジンSUPERCEOで当社特集掲載中
特別プレゼント 「社会貢献事業は儲からない!」その概念を覆す、高収益性 社会貢献ビジネスの全容を無料レポートにまとめました!

Q&A

「リハビリ型デイサービスって何?」
「どんな立地で立ち上げればいいの?」
など、素朴な疑問に、山下哲司がお答えします

Q&A

利用者の声

「あきらめていた体が、動くようになった!」etc. お客様の感動体験も多数!

利用者の声

加盟店経営者様の生の声

「初月から30名の集客!本当にこんなにあつまるとは…」

加盟店経営者様の生の声

ケアマネージャー様の声

「お客さんがほんとに良くなっていく姿にびっくり!トラブルもなく、喜んでもらえて、勧め甲斐のある仕事です!」

ケアマネージャー様の声

現場スタッフの声

「普段動かないところが動くようになった!」お客様の喜ぶ顔を見ると、嬉しくなってきます。

現場スタッフの声