HOME > フランチャイズ起業のポイント > フランチャイズに限らず、優秀な事業の条件とは?

フランチャイズに限らず、優秀な事業の条件とは?

フランチャイズの話からいったん離れますが、そもそも事業においてもっとも重要な要件は何だと思いますか?
二つあります。一つは『すぐに&安定的に黒字化できること』、もう一つは『お客様に心から喜んでいただけること』です。
至極当たり前のことを言っているように思われるかもしれませんが、事業を失敗させないためには、この2点さえ抑えることができればいいのです。逆に言ってしまえば、世の中で成功しない事業が多いのは、この2点を抑えられずに事業を運営しているということになります。でもそれぞれなぜ重要なのでしょうか。

まず『すぐに&安定的に黒字化できること』ですが、そもそも赤字状態の事業というのはとてつもない苦労があります。やってもやっても収益が上がらず、お金が出て行くばかり。そうなると、経営者は赤字解消のためのやりくりのための対応や金策に追われることになり、本当であれば起業の目的に沿って事業の拡大や品質向上といった前向きな姿勢で臨みたいところが、如何に目の前のお金を得るかというやや後ろ向き名姿勢に変わっていってしまいます。
精神的にも当然に疲れますし、誰のため・何のためにこの事業をやっているんだろうという疑問を抱くようになってしまうかもしれません。一方で、一度始めてお客様がついているビジネスであれば、簡単に止めることもできないですよね。だから、なんとか赤字を減らそう減らそうという姿勢で、長くお客様への対応をすることになり、結果的にお客様の評判も悪くなっていくことでしょう。そして、いつしか事業が立ち行かなくなり、行き詰まるのです。

事業として長く続けるためにも、起業家として健全な思いで事業展開をしていくためにも、『黒字』が早期かつ安定的に見込める事業スキームであることが、重要な条件なのです。

では『お客様に心から喜んでいただけること』はなぜ重要なのでしょうか。
事業の目的は色々にあるでしょうが、"収益を上げる"ことはまず欠かせません。そして収益を上げるためには、お客様に利用していただく必要があります。
お客様には何回サービスを利用してもらいたいでしょうか?出来る限り何回もリピートしてもらいたいですよね。リピーターがいないと、いつも来月の売上に追われながら新規顧客を追い続けていなければならず、営業費用に収益を圧迫されることにもなるでしょう。そしてリピーターになってもらうために、「何度でもこのサービスを受けたい」とお客様に感じていただく必要があります。

さて、『黒字』と『お客様に心から喜んでいただけること』の2つを満たすことができれば、余裕を持って事業に取り組めるので、事業の方向性の検討や事業拡張、別の事業の検討も始めることができますね。
では、『黒字でお客様に喜ばれる事業』とはどのようなものでしょうか。言葉にすれば、"収益安定性が高い仕組みで粗利が高く、付加価値・社会貢献性が高いモノ・サービスを提供する事業"です。
そして、このような事業が実際にあるのかと疑問を抱かれるかも知れませんが、あります。それは、例えば社会的になくなりえない公的な仕組みと連携していて、かつ社会的な問題にアプローチするような事業です。実は、詳細は別途と致しますが、弊社のリハビリ型デイサービス事業はまさにこの事業に当てはまります。
申し上げたいことは、成功する事業の条件に則った事業は存在しており、貴方が事業を起こすときにはそういった事業をしていただきたいということです。

日本のトップコンサルタントが推薦する新規事業とは? 年商8000万円&3000万円の利益が残る! そんな理想的なビジネスの
無料&必読 なぜ、山下哲司はここまで“リハビリ型デイサービス”にこだわるのか? サービスのビジネスとしての優位性 サービスの社会貢献としての優位性を一冊の小冊子にまとめました
特別プレゼント 「社会貢献事業は儲からない!」その概念を覆す、高収益性 社会貢献ビジネスの全容を無料レポートにまとめました!

Q&A

「リハビリ型デイサービスって何?」
「どんな立地で立ち上げればいいの?」
など、素朴な疑問に、山下哲司がお答えします

Q&A

利用者の声

「あきらめていた体が、動くようになった!」etc. お客様の感動体験も多数!

利用者の声

加盟店経営者様の生の声

「初月から30名の集客!本当にこんなにあつまるとは…」

加盟店経営者様の生の声

ケアマネージャー様の声

「お客さんがほんとに良くなっていく姿にびっくり!トラブルもなく、喜んでもらえて、勧め甲斐のある仕事です!」

ケアマネージャー様の声

現場スタッフの声

「普段動かないところが動くようになった!」お客様の喜ぶ顔を見ると、嬉しくなってきます。

現場スタッフの声