HOME > フランチャイズ起業のポイント > 数あるフランチャイズビジネスの中で、成功しやすいのはどの業界か

数あるフランチャイズビジネスの中で、成功しやすいのはどの業界か

新しい事業を立ち上げる際には、どんな業種で事業を立ち上げるかをまず検討されることでしょう。
このとき多くの方々はご自分の『過去の経験や実績』を念頭に事業の検討をはじめます。しかし率直なお話としては、過去に経験されていない新しい業界・業態での事業立ち上げこそ、おすすめなのです。

起業してから5年目前後までの事業を調査したデータとして、『前職と関係ない業種』で独立した事業のほうが成長幅が大きく、『前職で経験のある業種』で独立した事業は、大きな成長を遂げられていないケースが多いことがわかっています。
経験している業界で独立すると失敗しやすい理由は、『過去の経験に縛られてしまうこと』です。独立してからも、過去の経験や前の会社の風習に基づいた行動をしてしまってはいけません。
歴史のある会社や大きな会社と、新規に新しく立ち上げた事業は全く勝手が違います。もしも若いベンチャー企業で前職は働いていたとしても、従業員側と経営者側の見えるものや見方は違います。だから、過去の経験そのままに考え・行動すると、実情とのミスマッチを生んで、失敗につながるのです。

ただし、今までの仕事の経験が生かせないわけではありません。その会社特有、その業界特有の風習は頭の隅に追いやっていただいたほうがいいですが、部下の管理などのマネジメントスキルや資料作成・報告等のプレイヤースキルや普遍的であり、確実に事業運営のベーススキルとなります。

だから、過去の特定の経験には縛られずに、業界を見つけてください。
特に業界選びの条件としては、「社会的なニーズがある」、「継続的な成長が見込める」、「社会的に評価される」という条件を満たすのが重要です。

「社会的なニーズがある」ということは、対価を払う顧客がいる、収益化が図りやすいということ。
「継続的な成長が見込める」ということは、事業の拡大やその事業を資金源とした新規事業の展開が可能になるということ。
「社会的に評価される」ということは、会社として経営者としてやりがいを感じられるほか、従業員の採用にもプラスに働きます。

ちなみに手前味噌になりますが、『リハビリ型デイサービス』という業界は、まさにこの3点を満たしています。
そして、実際に、弊社のフランチャイズに加盟されて成功されている方々の前業界は、人材業界・医療業界・土木建築業界・システム開発業界 など異業種の方が多いです。
また、一見同業界と勘違いされやすい『デイサービス』から参入されて成功されている加盟店さんも多くいらっしゃいます。
『デイサービス』は自力で生活できない方の支援ですが、『リハビリ型デイサービス』は自分の力で生活できるように頑張りたい方々への支援であり、この二つの業界は字面は似ていますが慣習も常識も全くことなるのです。

せっかくですので、『リハビリ型デイサービス』の事業メリットについて次の記事でご紹介しますね。

日本のトップコンサルタントが推薦する新規事業とは? 年商8000万円&3000万円の利益が残る! そんな理想的なビジネスの
無料&必読 なぜ、山下哲司はここまで“リハビリ型デイサービス”にこだわるのか? サービスのビジネスとしての優位性 サービスの社会貢献としての優位性を一冊の小冊子にまとめました
特別プレゼント 「社会貢献事業は儲からない!」その概念を覆す、高収益性 社会貢献ビジネスの全容を無料レポートにまとめました!

Q&A

「リハビリ型デイサービスって何?」
「どんな立地で立ち上げればいいの?」
など、素朴な疑問に、山下哲司がお答えします

Q&A

利用者の声

「あきらめていた体が、動くようになった!」etc. お客様の感動体験も多数!

利用者の声

加盟店経営者様の生の声

「初月から30名の集客!本当にこんなにあつまるとは…」

加盟店経営者様の生の声

ケアマネージャー様の声

「お客さんがほんとに良くなっていく姿にびっくり!トラブルもなく、喜んでもらえて、勧め甲斐のある仕事です!」

ケアマネージャー様の声

現場スタッフの声

「普段動かないところが動くようになった!」お客様の喜ぶ顔を見ると、嬉しくなってきます。

現場スタッフの声