HOME > フランチャイズで開業する場合のメリットとデメリット

フランチャイズで開業する場合のメリットとデメリット

フランチャイズで開業する場合には、本部のノウハウの提供が得られるため、物件取得に関する値引き交渉や、内外装費用の圧縮、設備・備品費用の割引、レセプトシステムの安価な提供、求人広告の費用削減、HPの提供等が受けられる場合があり、その分の開業資金は圧縮できるでしょう。

ただしその分、加盟金等の費用が発生するため、上記費用より少し割高になるのが一般的です。

それがフランチャイズに加盟するデメリットです。

しかし、上記の「リハビリ型デイサービスの開業までの流れ」でもご説明しましたが、私たちとしては、多少、開業資金が割高になったとしてもフランチャイズへの加盟をお勧めします。

それは、個人では、しっかりとした医学的な実績・根拠(エビデンス)のあるリハビリを提供することが難しいからです。

もちろん、PT(理学療法士)、OT(作業療法士)、ST(言語聴覚士)の資格者を雇用して、専門的な手技でのリハビリを提供することは、個人でも可能かもしれません。

しかし、全国的に見ても、そのような形態のリハビリ型デイサービスがビジネスとして成功している例は非常に少ないのが実情です。

その理由としては、専門家を雇用することで結果的に顧客層(ご利用者様層)が狭められること、差別化が難しくなること等が考えられます。

そこで私たちは、国際医療福祉大学の竹内教授が提唱するパワーリハビリテーション理論に基づいた、マシンを使ったリハビリを提供するフランチャイズをお勧めしています。

日本のトップコンサルタントが推薦する新規事業とは? 年商8000万円&3000万円の利益が残る! そんな理想的なビジネスの
無料&必読 なぜ、山下哲司はここまで“リハビリ型デイサービス”にこだわるのか? サービスのビジネスとしての優位性 サービスの社会貢献としての優位性を一冊の小冊子にまとめました
次世代経営者のCEOスタイルマガジンSUPERCEOで当社特集掲載中
特別プレゼント 「社会貢献事業は儲からない!」その概念を覆す、高収益性 社会貢献ビジネスの全容を無料レポートにまとめました!

Q&A

「リハビリ型デイサービスって何?」
「どんな立地で立ち上げればいいの?」
など、素朴な疑問に、山下哲司がお答えします

Q&A

利用者の声

「あきらめていた体が、動くようになった!」etc. お客様の感動体験も多数!

利用者の声

加盟店経営者様の生の声

「初月から30名の集客!本当にこんなにあつまるとは…」

加盟店経営者様の生の声

ケアマネージャー様の声

「お客さんがほんとに良くなっていく姿にびっくり!トラブルもなく、喜んでもらえて、勧め甲斐のある仕事です!」

ケアマネージャー様の声

現場スタッフの声

「普段動かないところが動くようになった!」お客様の喜ぶ顔を見ると、嬉しくなってきます。

現場スタッフの声