HOME > 新着情報 > 【松山研修会】のご報告です!

新着情報

【松山研修会】のご報告です!

matsuyama_result_01.jpg matsuyama_result_02.JPG matsuyama_result_03.jpg

11月24日(日)に、【リハプライド《松山研修会》】が開催され、『リハプライド』12事業所、計44名にご参加いただき、密度の濃い貴重な学びの1日となりました。
今回のテーマは"認知症"でした。
『リハプライド 岡山東』に通所されているご利用者さまの改善事例が発表された後、竹内孝仁教授よりご講義をいただきました。
下記が主な講義内容です。

●"認知"とは、状況を認識し、理解と判断をして行動すること。 ●"認知症"とは、この認知力の低下であり、「人・物・時間・場」の意味が分からない、自分との関係が分からない、どう行動していいか分からない...という症状をいう。 ●認知症の症状論
A."認知力の低下"そのものの症状。
B.ある状況になると現れる固有の症状
 (例:1人でいると異食する)
●認知症は、ケア(介護)で症状が取れる(改善する)。このケアは"理論的にやる"必要がある。
①体調の改善
・水分⇒1日:1500ml以上の摂取
・運動⇒1日:2km以上の歩行
・栄養⇒1日:1500kcal以上の摂取
・排便⇒3日に1回以上の自然排便(薬は使用しない)
②社会交流

※上記①と②のケアで改善しない場合
 ⇒ B.の認知症であるため、固有症状に合わせたケアが必要。

この研修会でご教示いただいた認知症の方々へのケアを、それぞれの事業所で実践し、ご利用者さまにおける認知症状の改善に改めて取り組んでいきたいと思います。

無料&必読 なぜ、山下哲司はここまで“リハビリ型デイサービス”にこだわるのか? サービスのビジネスとしての優位性 サービスの社会貢献としての優位性を一冊の小冊子にまとめました
特別プレゼント 「社会貢献事業は儲からない!」その概念を覆す、高収益性 社会貢献ビジネスの全容を無料レポートにまとめました!

Q&A

「リハビリ型デイサービスって何?」
「どんな立地で立ち上げればいいの?」
など、素朴な疑問に、山下哲司がお答えします

Q&A

利用者の声

「あきらめていた体が、動くようになった!」etc. お客様の感動体験も多数!

利用者の声

加盟店経営者様の生の声

「初月から30名の集客!本当にこんなにあつまるとは…」

加盟店経営者様の生の声

ケアマネージャー様の声

「お客さんがほんとに良くなっていく姿にびっくり!トラブルもなく、喜んでもらえて、勧め甲斐のある仕事です!」

ケアマネージャー様の声

現場スタッフの声

「普段動かないところが動くようになった!」お客様の喜ぶ顔を見ると、嬉しくなってきます。

現場スタッフの声