HOME > 企業概要

企業概要

理念
代表メッセージ
役員紹介
会社概要
メディア取材履歴
事業沿革

社是・理念

リハプライドは全スタッフの物心両面の幸福を追求し、地域社会に貢献します。

私たちはリハプライドを通じて人生の先輩に笑顔をご提供し
子供たちの未来に貢献します。
無限に続く子供たちの社会に笑顔と喜びをもたらすために
事業を通じて貢献していきます。

  • 高齢化社会に誇りを提供し、誇りをもって企業成長していきます。
    「リハプライド」はプライドメーカー企業です。
  • ご利用者様に敬意を持って接遇させていただき、
    スタッフ仲良く和気あいあいの笑顔でサービスをご提供させていただきます。
    私たちはプライドサーバントです。
  • ケアマネージャーの皆さまの信頼にお応えすることをコミットメントします。
    私たちはご利用者様に必ず意欲ある行動をご提供させていただきます。

代表からのメッセージ

 このたびは、リハコンテンツ株式会社ホームページにお越しいただきまして、ありがとうございます。
 当社は創業以来、維持期のリハビリを必要としている要介護高齢者の方に、介護保険が使えるデイサービスをリハビリ施設として運営させていただいております。

 2000年から始まった介護保険制度ですが、その多くは「お預かり」「見守り」「介助」「お世話」といったサービスになっています。これは介護保険報酬において、介護度の重い方ほど報酬単価が高くなるという制度に起因しているといえます。
 リハプライドでは、ご高齢でさまざまな疾病をかかえる要介護高齢者にとって、安全で無理なく継続できるリハビリ・プログラムを提供しています。また、そのリハビリは理学療法士や作業療法士など、リハビリ専門職のスキルを必要としないため、機能訓練指導員に看護師を配置しています。

 急性期・回復期では、リハビリ専門職のマンツーマンで徒手的なリハビリを受けることにより、多くの高齢者がある程度運動機能を回復しています。ただ問題は、そのあと退院して自宅に戻った際、しっかりとリハビリを継続できる環境が乏しいということです。
 そこでリハプライドでは、介護保険を使って送迎もある通いやすいデイサービスを、本格的なリハビリ施設としてサービス提供しております。また、医学博士が40年以上の歳月をかけて構築した、『自立支援介護学』の理論に基づくリハビリ・プログラムを取り入れ、異業種の法人や未経験のスタッフでも、理論を学び実践することで、医療関係者が驚くほどのリハビリ成果を上げています。

 今まで維持期(慢性期)のリハビリに関しては、理想的な在り方が示されていなかったといえます。リハプライドは『自立支援介護学』の4つの基本ケアである"水分・栄養・運動・排便"と、軽くて安全なマシンリハビリを通じて、維持期におけるリハビリのスタイルを確立し、顕著な介護の改善成果を実現しているのです。
 さらに、そのリハビリ・プログラムは、豊富な医学的エビデンスに支えられているため、近年、医療法人や関係法人によるリハプライドへのFC加盟が増えています。
 異業種や未経験の方にとって、取り組みやすい上にリハビリの成果が提供でき、ご利用者さまにも喜ばれ、安全で健全経営に取り組めるサポート体制を構築させていただいております。
 また、私を含めて自立支援介護学の修士号をもつスタッフも揃っており、産学共同の体制で定期的に学べる機会をご提供しています。

 今後も変わることなく、リハビリ型デイサービスは"機能回復を実現することが使命"と考えて、事業展開を図ってまいります。
 ぜひ一度、FC説明会もしくは個別説明会にエントリーいただければと思います。

 子供たちの未来には、介護で苦しむ人たちがいなくなる社会を目指して。

リハコンテンツ株式会社 代表取締役社長 山下哲司
国際医療福祉大学大学院 修士(自立支援介護学)

代表プロフィール

1986年、中央大学商学部卒。専攻は経営学。
国際医療福祉大学大学院博士課程、修士(自立支援介護学)。
(一社)日本フランチャイズチェーン協会理事。
マクドナルドを日本でFC展開した、
ベンチャー経営者の祖である藤田田より直接薫陶を受け、
自身も数々のFC展開で実績をあげる。
また、日本の少子高齢化を社会的課題ととらえ、
高齢者介護の問題解決のために学術研究の道に進む。
医学博士が40年の歳月をかけて構築した、
世界的にも類のない医学的エビデンス が豊富で、
信頼性の高い理論に基づくリハビリ・プログラムを採用してフランチャイズ化した。
中でも認知症や身体機能の改善のために、
水分摂取を積極的に指導し、数多くの改善成果を上げている。
現在、医師も加盟する店舗数ナンバー1の
リハビリ型デイサービス『リハプライド』をFC展開しており、
日本全国で"介護の改善" を実現している。

【著書】
・『なぜ水を飲むだけで「認知症」が改善するのか』(KADOKAWA)。
・『介護がいらなくなる 驚異のリハビリ』(宝島社)。
・『介護で会社を辞める前に読む本』(ダイヤモンド社)。

役員・特別顧問 紹介

竹内孝仁

医学博士・国際医療福祉大学大学院教授。 日本医科歯科大学卒業後、東京医科歯科大学助教授、日本医科歯科大学教授を経て、2004年より現職。 1973年から特別養護老人ホームにかかわり、オムツはずし運動などを展開されている。80年代から在宅高齢者のケア全般にかかわる。日本ケアマネジメント学会副理事長、NPO法人パワーリハビリテーション研究会理事長(リハプライドのメインリハビリプログラムであるパワーリハビリテーションの生みの親)、日本自立支援介護学会会長など多数の委員等を歴任。
主な著書は『医療は介護に出会えるか』『通所ケア学』『ケアマネジメント』『介護基礎学』『驚異のパワーリハビリテーション』『認知症のケア』『家族で治そう認知症』『田原総一郎が真実に迫る 認知症は水で治る!(田原総一郎氏共著)』など多数。

片岡巧男

回転寿しアトムボーイ創業者(60店舗展開年商58億円)、日本に回転ずしのチェーン化オペレーションを定着させる。その後コンサルタントとしてレストラン、スーパーの再建や立て直しを全国で実施。数々の実績を挙げる。現在は中小企業を元気にすることこそ最重要な国策と提唱して業界を問わず多数の経営者を指導している。中小企業の再生の成功事例多数。オーナー経営者から絶大な信頼を得ている。全国商工連合会の顧客満足ベスト3にランクインされている。著書も多数。
【リハビリ型デイサービス】の将来性、社会貢献性、収益性など申し分ないと、その事業性に太鼓判を押す。飲食業が零細企業の集まりだったころにいち早くアメリカに渡りシステムによる多店舗展開を実践した時代とそっくりだと提唱している。現在リハコンテンツと共同で外食産業の雄であるM社が採用しているCPPを制作。現場のトレーニングと教育を4つの基準で誰でもが理解でき「教える立場と教えられる立場を共有する」プログラムで【リハビリ型デイサービス】の多店舗展開をバックアップしている。

会社概要

会社名リハコンテンツ株式会社
代表者山下哲司
会社名千葉県船橋市習志野台2-6-5 高橋ビル2階
連絡先電話・・・0120-945-081
FAX・・・047-496-5271
Email・・・info@rehacon.jp
設立2009/07/27
事業内容1. リハプライド フランチャイズ本部運営
2. リハプライド 直営事業所運営
3. 上記に関わる一切のその他の業務

メディア取材履歴

2012.08.30広島経済レポート(2012年8月30日号)
[ PDF 1.53MB ]
2011.01.20MyFuna2月号(2011年1月20日発売)
[ PDF 1.32MB ]
2011.01.03船橋よみうり新聞(2011年1月3日)
[ 拡大して見る ]
2010.12.15Mラジオ 金曜日の達人たち(2010年)
[ 視聴する ]

沿革

2009年7月合同会社リハコンテンツ設立
現代表の山下が自宅の一室で創業。都内で有料セミナーを開催、リハビリ型デイサービスのプロデュースを開始。名古屋市内4法人のプロデュースを実施し、フランチャイズの基礎をつくる。
2010年6月㈱ほっとステーションと業務提携し、共同事業としてリハビリ型デイサービス事業所のフランチャイズ展開を開始。リハビリプログラム、ケアサービス、集客マーケティングなどノウハウを構築する。
フランチャイズ開発本部 ㈱ほっとステーション
フランチャイズ運営本部 合同会社リハコンテンツ
という役割分担で、ブランド名は「LETs倶楽部」に決定。
2010年9月LETs倶楽部1号店で半日型のモデル店舗である「LETs倶楽部習志野台」を直営事業所として開業。リハビリ型デイサービス立ち上げの基礎を構築し、研修などのプログラムを開発する。
2010年11月合同会社リハコンテンツをリハコンテンツ株式会社に組織変更。
2010年11月1日型の直営事業所1号店となる「LETs倶楽部亀戸」を開業。
2011年9月㈱ほっとステーションとの業務提携を解消。
リハビリ型デイサービスの更なる普及を目的にLETs倶楽部フランチャイズ運営本部を2社体制とする。
2012年2月神戸大学大学院経営学研究科教授忽那憲治氏がリハコンテンツ㈱の顧問に就任。
2012年11月日本経済新聞にリハコンテンツ㈱の事業内容を紹介する記事が掲載される。
2013年2月パワーリハビリテーションの生みの親である、国際医療福祉大学大学院教授竹内孝仁氏がリハコンテンツ㈱の顧問に就任。
2013年3月1日型40名定員のモデル事業所である「LETs倶楽部八千代中央」を開業。
2013年7月本社を船橋市習志野台2丁目に移転し、研修設備を拡充。
2013年9月ABC朝日放送のTV番組「日本のちから」にて、リハコンテンツ㈱が特集される。
2013年11月ベンチャークラブちばが主催するビジネスプラン発表会「あすのちばを支えるビジネスチャレンジコンテスト」にて優秀賞を受賞。
2013年12月フランチャイズ事業所数50店舗を突破。
2014年1月従業員数(パート含む)100名を突破。
2014年5月直営事業所数10店舗を突破。(総店舗数73店舗)
2014年6月西日本支社を福岡市博多区に開設。
2014年7月西日本新聞にリハコンテンツ㈱の西日本支社開設を紹介する記事が掲載される。
2014年8月千葉テレビのTV番組「ビジネスフラッシュ」にて、リハコンテンツ㈱が特集される。
2014年10月日本フランチャイズチェーン協会に正会員として入会
2014年11月予てより事業理念として掲げていた「ご利用者様に明るい笑顔と自信を提供するプライドメーカーでありたい」という思いを込めて、新ブランド「リハプライド」の商標にて事業所運営を開始。
合わせて直営事業所全店舗のブランド名を「LETs倶楽部」から「リハプライド」に変更。
加盟店オーナー様のご意向を尊重しながら、既存フランチャイズ加盟店のブランド名を「LETs倶楽部」から「リハプライド」へ変更開始。
2015年1月日経産業新聞にリハコンテンツ㈱の事業内容を紹介する記事が掲載される。
2015年1月サンテレビ「B☆プロジェクト -たむら社長室- 」にて、リハコンテンツ㈱が特集される。
2015年9月代表山下の著作『介護で会社を辞める前に読む本』が発売
日本のトップコンサルタントが推薦する新規事業とは? 年商8000万円&3000万円の利益が残る! そんな理想的なビジネスの
無料&必読 なぜ、山下哲司はここまで“リハビリ型デイサービス”にこだわるのか? サービスのビジネスとしての優位性 サービスの社会貢献としての優位性を一冊の小冊子にまとめました
特別プレゼント 「社会貢献事業は儲からない!」その概念を覆す、高収益性 社会貢献ビジネスの全容を無料レポートにまとめました!

Q&A

「リハビリ型デイサービスって何?」
「どんな立地で立ち上げればいいの?」
など、素朴な疑問に、山下哲司がお答えします

Q&A

利用者の声

「あきらめていた体が、動くようになった!」etc. お客様の感動体験も多数!

利用者の声

加盟店経営者様の生の声

「初月から30名の集客!本当にこんなにあつまるとは…」

加盟店経営者様の生の声

ケアマネージャー様の声

「お客さんがほんとに良くなっていく姿にびっくり!トラブルもなく、喜んでもらえて、勧め甲斐のある仕事です!」

ケアマネージャー様の声

現場スタッフの声

「普段動かないところが動くようになった!」お客様の喜ぶ顔を見ると、嬉しくなってきます。

現場スタッフの声