HOME > 新着情報 > 『なぜ水を飲むだけで「認知症」が改善するのか』 3/27(金)に新発売!

新着情報

『なぜ水を飲むだけで「認知症」が改善するのか』 3/27(金)に新発売!

20200327_water_book.jpg
山下哲司の著書第3弾『なぜ水を飲むだけで「認知症」が改善するのか』が、株式会社KADOKAWAより、2020年3月27日(金)に全国発売されました。 監修は、日本自立支援介護・パワーリハ学会理事長であり、『リハプライド』の顧問でもある竹内孝仁教授(国際医療福祉大学大学院・医学博士)。また、本書は"『第1回KADOKAWA知的生産塾 最優秀賞』受賞"企画です。


内容は、「介護予防の答えは"自立を目指す介護"の現場にあった」「水は最も安価で副作用のない"百薬の長"」「"脳の脱水症状"が認知症を引き起こす原因だった」など、なぜ水を飲むだけで認知症が改善するのかを、"寝たきり・認知症・便秘知らず"になるための水分摂取の方法とともに、分かりやすく読みやすい文章で語っております。

また、水分摂取に加えて取り組んでほしい《寝たきりを防ぐ2つの習慣》として、パワーリハビリの効果が自宅でも実感できる"6つのパワーリハビリ体操"をイラスト入りで紹介。
さらに、「"よく噛む"ことで脳は活性化する」「噛んで予防する"認知症"と"低栄養素"」についても触れ、食事を楽しみながら"よく噛んで食べる習慣"を提唱しています。
ぜひ、ご一読ください。どうぞよろしくお願いいたします。

●皆さまの感想文は コチラ!

●株式会社KADOKAWAの紹介ページはコチラ!
 https://www.kadokawa.co.jp/product/321912000172/

●ご購入は下記をクリック!
 amazon.png

 rakuten.png

kinokuniya.png